Chromebookがもたらした3つの意識変革

Chromebook意識改革 テック

この記事は、「Chromebook Advent Calendar 2019」最終日の記事です。アドベントカレンダーを作ったものの、今日まで放置していたので、記事が集まらなくてすみません。来年、リベンジできれば!

Chromebook Advent Calendar 2019 - Adventar
今年は日本でもChromebookが広まる兆しが見えてきましたね。 そこで、Chromebookについてのアドベントカレンダーを作りました。 Chromebookに関することなら、どんな内容でも構いません。 ブログでもnoteでもTwitterでも。お気軽にご参加ください。

ローカルに物を置かなくなる

Chromebookを使う一番のメリットは、どのマシンでもすぐに自分の環境を復元できることだと思います。そうすると、特定のマシンのストレージにファイルを置いていると、別のマシンからはアクセスできませんから、「どの端末でも」というメリットが薄れてしまいますね。

MacBookを含め複数台のマシンを使うようになってからは、特に意識してファイルをクラウド上に置くようになりました。また、Chromebookはストレージが少ない機種が多いので、ローカルにファイルを置いて置きづらいというのもあります。

Chromebookでは、Google Driveをローカルストレージと同じように扱えますから、とりあえずDriveに入れておくことで、手軽にファイルをクラウドで管理することができます。

Dropboxは微妙なポジションですが、ストレージに余裕のあるMacBookではローカルと同期して、Chromebookではブラウザでアクセスするようにしています。

このように、ファイルをクラウドに置いておくと、スマホからも利用できて便利です。出先で急にファイルが必要になったりしますよね。むしろ、外出時のほうが、ファイル送ってくれと言われること多いですよね…

写真はオリジナルは外付けSSDに入れていますが、すべてGoogle Photoにアップロードしてあるので、解像度は落ちますが、必要な写真をどこからでもダウンロードすることができます。

環境の再現という目的で言えば、開発環境をDockerで構築するようになりました。ソースコードをリモートのGitリポジトリで管理しておけば、どのマシンでも開発が可能です。(まあ、そう上手くはいかなかったりもしますが…)

SaaSを使うようになる(それブラ)

ここではSaaSの定義については議論しないとして、単に、ブラウザで動くアプリケーションくらいのノリで書こうと思います。

どのマシンでもすぐに環境を復元するとなると、手っ取り早いのがSaaSを使うということになります。Chromebookを使うようになって知ったのが、ブラウザ上でここまでできるのか!ということです。

大抵のことはブラウザでできます。「それ、ブラウザでできるよ」略して「それブラ」です。(おっさんホイホイ)

ちょっとしたメモや、行きたいお店の情報などは、Google Keepに放り込んでいます。ラベルで管理できる他、色を付けることができるので、あとから色分けをするのが楽しいですね。

会社ではGoogle Docsを使うように働きかけています。従来は、ExcelファイルをDropboxで共有していたのですが、共同編集なども考えるとGoogle Sheetsが断然便利です。社内だといいのですが、リテラシーの低いクライアントが絡むと使いづらいという難点はありますが。

SSHでサーバーにアクセスして作業する場合は、Secure Shell Appを使っています。これは、SaaSというよりもChromeアプリになりますが、SSHの設定が同期されるので、複数マシンで使えるます。

Pixlr Editorという画像編集のアプリまでブラウザで動いてしまいます。他にもPDFの編集アプリなどもあり、本当に大抵のことは、それ、ブラウザでできるよ。それブラ。

手ぶらで移動するようになる

こうなると、環境構築した1台のマシンを持ち歩く必要がなくなるわけです。自宅とオフィスにそれぞれマシンを置いておくと、手ぶらで移動できるようになります。

価格の安さはChromebookの本質ではないとは言え、3万円のマシンでも十分に仕事ができるというのは事実です。これまでは30万円近くするMacBookを使っていたことを考えると、3万円のChromebookを複数台買ってもお釣りがきます。

サーバーへのアクセスにSecure Shell Appを使うと書きましたが、このアプリには秘密鍵を同期する機能もあります。ただ、それはさすがに不安です。そこで、YubiKeyを持ち歩くことにしました。YubiKeyいいですよ。

さらに、パソコンに挿すとChromebookをブートできるUSBメモリも用意しています。いざとなれば、そのへんのパソコンでChromebookを起動して、そのまま数分放置すれば自分の環境が再現される、ということもできそうです。

YubiKeyもブート用USBメモリも、ポケットに入るサイズですし、万が一紛失しても悪用されることはありません。

もともと手ぶらで歩くのが好きなので、かなり快適ですね。ちょっとした作業であれば、ファイルはクラウド上にありますし、SaaSに対応したアプリをインストールしていますから、スマホである程度は対応できます。

おわりに

これって、Chromebookを使っていなくても、実践できることではあります。普段はmacやWindowsを使っていても、ローカルにファイルやアプリを置かないようにすればよいのです。

しかし、MacBookを使っていると、そういう意識にならなかったんですね。Chromebookを使うようになって、そのコンセプトを理解してはじめて、自分の意識が変わったのを実感しています。

ただ安いというだけではなくて、意識改革のためにChromebookを使ってみるというのもアリだと思います。そうすると、ハイエンドなChromebookの存在意義も理解しやすいのではないでしょうか。

参考に、Chromebookだけで1日の仕事をしてみたログです。

日本のAmazonにもChromebookストアができています。

Amazon.co.jp: Chromebookストア: パソコン・周辺機器
パソコン・周辺機器 の優れたセレクションからオンラインショッピング。

僕が使っているのは、根強い人気のC101PAと、3万円で購入した14インチの機種です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました