平野啓一郎『マチネの終わりに』『ある男』が96円セール中

[Black Friday] Kindle本96円均一セール

Black Friday(ブラックフライデー)で、Kindle本96円均一セールが開催されています。11月24日までだそうです。急がねば。

Amazon.co.jp: [Black Friday] Kindle本96円均一セール: Kindleストア
Kindleストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。

いろんなジャンルのKindle本が96円で販売されています。ブックオフの100円より安い…

僕のおすすめは、やっぱり、平野啓一郎の「マチネの終わりに」と「ある男」です。

「マチネの終わりに」については、記事を書きました。

コミック版も上巻が96円になっています。その代わりに、下巻がストアから消えている…

「ある男」は、まだ記事にはしていませんが、出版されてすぐに読みました。こちらも、おすすめです。

愛したはずの夫は、まったくの別人であった。
「マチネの終わりに」から2年。平野啓一郎の新たなる代表作!

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。
宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。
里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。

まだ文庫化もされていないのに、96円だなんて…

読む暇がない人も、とりあえず買っておいて、お正月休みに読んでみるのはどうでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました