『なめらかな世界と、その敵』伴名練

なめらかな世界と、その敵

SF初心者です。なんとなく、SFは難しそうだと敬遠しているフシがあります。ところが「なめらかな世界と、その敵」は、書店で激推しされているフシがありますし、かなり売れているフシがあります。ということは、SF初心者でも読みやすいのではないか、と思い手に取ったフシがあります。(「セトウツミ」フシがある選手権)

下にAmazonの作品紹介を載せていますが、これを読まずに、本書は一切の予備知識なしで読むことをおすすめします。

いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春を描いた表題作のほか、脳科学を題材として伊藤計劃『ハーモニー』にトリビュートを捧げる「美亜羽へ贈る拳銃」、ソ連とアメリカの超高度人工知能がせめぎあう改変歴史ドラマ「シンギュラリティ・ソヴィエト」、未曾有の災害に巻き込まれた新幹線の乗客たちをめぐる書き下ろし「ひかりより速く、ゆるやかに」など、卓抜した筆致と想像力で綴られる全6篇。SFへの限りない憧憬が生んだ奇跡の才能、初の傑作集が満を持して登場 。

とにかくおもしろくて、一気に読んでしまいました。しっかり読まないと理解できないところや、しっかり読んでもよくわからないところもありましたが、それらも含めておもしろいです。

本書には6つの短編が収録されています。それぞれ作風がまったく違っていて、本当に同じ著者が書いたのかと疑ってしまうレベルです。各作品の収録順は、振り返ってみると、これがベストだと思いますので、頭から順番に読んでいくのがおすすめです。

どの作品も世界の「設定」がおもしろいんですね。著者はSFネイティブで、その設定自体は過去のSF作品からの引用であったりするらしいのですが、その世界の設定を文章で表現する能力が異常に高いように感じます。どういう設定なのかというのは作品紹介でも公開されていますから、ネタバレにはならないということなのだと思いますが、個人的には商品紹介さえも見ないで読んで欲しい本です。特に表題作「なめらかな世界と、その敵」は、予備知識なしで読むのが理想です。

さて、それぞれに設定のある世界において物語は進んでゆくわけですが、その世界において何が起こるのか?という発想が秀逸です。自分にその設定のアイデアが与えられても絶対に思いつかない。けれども、物語中で起こることはとても自然で、確かに起こりうる出来事だと感じられます。設定のアイデア自体が引用であっても、この部分の発想によって、オリジナリティの高い作品になっているのだと思います。SF初心者の感想ですが。

そしてもうひとつ、秀逸だと感じるのが、「描写」です。情景描写であったり、視覚表現であったり。作品紹介も読まず、予備知識なしで表題作を読み始めたのですが、この、描写がすごいわけです。あたかも映像作品を観ているかのようでした。おそらく、設定と物語だけだと、僕はここまでハマって読まなかったのではないかと思います。

ここまで、各作品の内容に一切触れることなく、紹介をしてきました。できればこのまま、本書に関するあらゆる言及に触れることなく、読んでほしい。そして、すべて読み終えた後に、いろいろな感想や考察を読むと、この作品をより楽しむことができると思います。

ここからは、本書を読んだ後のための参考リンクを貼っておきます。

「2010年代、世界で最もSFを愛した作家」伴名練1万字メッセージ|Hayakawa Books & Magazines(β)
8月20日に短篇集『なめらかな世界と、その敵』を上梓するSF作家・伴名練さん。発売後に公開予定だった「あとがきにかえて」ですが、届いた原稿の内容がまったく「あとがき」ではなく(本書のネタバレになっておらず)、それでいて一刻も早く世に広げたい熱量だったため、緊急公開します。何はともあれ、読んでください。(編集部) ※本...
伴名練『なめらかな世界と、その敵』 最高の読み手による最強のSF短編集
SF愛に満ちた短編集。
『なめらかな世界と、その敵』の感想と解説(ネタバレなし)|卜部理玲|note
 発売前にして既に重版決定、いま最も注目されているSF作家と言っても過言ではない、幻のSF作家。それが伴名練さんです。今回はその伴名練さんのはじめてのSF作品集『なめらかな世界と、その敵』の紹介と感想、そして解説を行っていきたいと思います。  ここまで読んで不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。はじめてのSF作品集な...
『なめらかな世界と、その敵』印税の寄付について|Hayakawa Books & Magazines(β)
新刊『なめらかな世界と、その敵』の印税について、著者の伴名練氏からのおしらせを掲載いたします。(編集部) ------- 『なめらかな世界と、その敵』はおかげをもちまして、発売前重版を成し遂げることができました。これも、読者の方々から大きなご声援を頂いたおかげです。改めて御礼申し上げます。 本日は、この場を借...

その他、インタビュー記事などもネットで読みますので、ググってみてください。
(読み終わってから!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました