『喜嶋先生の静かな世界』森博嗣

喜嶋先生の静かな世界

心落ち着く一冊です。物語に大きな山があるわけではないのに、没頭して読んでしまうこの世界観はなんなのでしょうね。僕も大学、大学院で研究をしていたから?いやいや、そんなに真面目に研究していなかったので、たぶん、そういうバックボーンを持っていない人にも読ませてしまう作品なのだと思います。

森博嗣は、小説もエッセイ?(エッセイではない気がしますね)も積読していました。エッセイ?は1冊読んだのですが、Kindleにはあと数冊入っていそうです。ライブラリに新しい本が追加されるたびに、森博嗣は後ろの方に追いやられていたところ、親愛なるブックナビゲーターが「これをぜひ読んで!」というので手に取った次第です。

文字を読むことが不得意で、勉強が大嫌いだった僕。大学4年のとき卒論のために配属された喜嶋研究室での出会いが、僕のその後の人生を大きく変えていく。寝食を忘れるほど没頭した研究、初めての恋、珠玉の喜嶋語録の数々。学問の深遠さと研究の純粋さを描いて、読む者に深く静かな感動を呼ぶ自伝的小説。

研究に没頭する僕の物語。そして、僕から見た喜嶋先生の世界。大きな事件は起こらない。エピソードの羅列。それに引き込まれるんです。

登場人物たちが実際に身の回りにいたら、かなり異質な存在になると思うのです。ところが、この物語の世界ではそういった異質さを感じることはありません。すべてが自然です。その中でも本来であれば特段に異質なはずの喜嶋先生でさえ、読者から見ると、喜嶋先生らしい言動をしていると感じられます。

さて、冒頭にも書きましたが、僕は真面目に研究をしない学生だった。それ以前に、大学で学ぶということにも不真面目だったように思います。本書は自伝的小説と銘打ってありますから、これがリアルな研究というものなのかと感じました。武道や華道でいう「道」ですよね。素敵な世界です。

とはいえ、研究と生活のトレードオフがあるのは確か。何が幸せなのかと考えてしまいました。そういうテーマの物語ではないと思うのですが。研究の純粋さ、あるいは純粋な研究者の世界を見を垣間見るだけ。その他のテーマは不要に思える物語です。それでも、僕は、何が幸せなのかということを考えざるを得ません。

読んで何を感じるのかは人それぞれではありますが、静かに落ち着いた気持ちで没頭して読めるのでおすすめのです。何を感じるのかというのは、ひとまず置いておいて、この物語の世界にただ浸っていたい。そんな一冊。

コメント

タイトルとURLをコピーしました